MENU

大食いらすかるの年収や月収はどれくらい?総収入を徹底調査!

大食いらすかるさんことらすかる新井さん、大食いを売りにしているユーチューバーですね!
以前は、不動産業をしていたようですが、現在は辞められて、ユーチューバーとして活躍されています。
さわやかな笑顔でペロリと食べてしまう様子がファンにはたまらないみたいです!

目次

大食いらすかるの年収は3900万円?

大食いらすかるは結婚している!タトゥーを彫っている理由、プロフィールを紹介! | ペンタニュース
らすかるさんの年収は3900万円と考えられます。
らすかるさんの収入源は大きく分けて2つあります。

    • YouTubeの広告収入
    • プロデュースブランド

大食いらすかるさんの収入源としてはYouTubeで現在まで、1063本の動画を投稿しており、人気の動画は1060万回を超えている動画もあります。
また、最近はコラボ商品でラーメンを自販機で販売、通販するなど活動も拡げているようですね。
収入には含んでいませんが、TV出演や大食い大会での賞金もあるようです。
これによってらすかるさんの年収は3900万円だと予想できます。
次にYouTubeでの収入について詳しく説明していきます!

大食いらすかるの年収に占めるYouTube収入はいくら?

大食い】Uberでモスの限定と家系ラーメン頼んだら最高過ぎて何も言えねぇ【大胃王】 - YouTube
らすかるさんの収入の中でもこのYouTubeがかなり大きいと言えますがYouTubeでの収入について見ていきましょう!

年収①広告収入


YouTuberとして最も大事なことは「どれくらい再生されるか?」ということ。
チャンネル登録者数だけ増えても再生されなければ収入が増えることはありません。
YouTubeの広告収入の計算方法については以下の通り。

YouTube広告の収益は、1再生数につき0.05円〜0.1円の単価と言われている。

0.05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。400万回の再生で20万円となる。

引用元:Yahooニュース

広告によって単価が大きく変わることから1再生につき0.2円〜0.5円になることもあります。
上記のことかららすかるさんの再生回数と収入を割り出してみました

「大食いらすかる」
動画投稿頻度は平均で月18回ほど、再生回数は1本当たり56万回〜1663万回。
1再生0.1円だとして計算すると、月収約166万円前後。
単純計算で、(月収)166万円×12ヶ月=(年収)約1990万円という計算になりました。

最高の再生回数が1663万回はすごいですね!!

バズった動画は?

それでは、らすかるさんの人気動画Best3を紹介していきましょう!!

【大食い】いつも恋しいジラフ会【デカ盛り】

【大食い】おまかせどご飯に合うおかず三昧かし亀

【大食い】SUSURU君とハイマウントさんへ【デカ盛り】

年収②企業案件収入


YouTubeのもう一つの収入の軸として企業案件からの収入があります。
企業案件とは、直接企業から商品やサービスを紹介してほしい。依頼され、インフルエンサーとして紹介すること。
この企業案件の相場以下の通り。

YouTubeの企業案件は、登録者の人数によって計算します。相場単価は、1~1.5円です。
引用元:https://collatech.co.jp/ifm-lab/youtube/youtube_advertisement/3028

宣伝商材や視聴者層によって報酬は大きく異なる為、正確な金額は分かりませんが、今回は上記の情報を元に金額を割り出してみました!

102万人(フォロワー数)×1(企業案件単価)=1案件につき約約102万円
(相場の最低ラインで計算しています)あくまでも現時点(2021年2011.11月)での登録者数で計算した結果になります。

らすかるさんは、店舗側からの企画も請け負っているようですが、食べに行ってるだけのようにみえますので収入としては確認できませんでした。

大食いらすかるの年収に占めるプロデュースブランドの収入は?

こちらも収入は分かりませんが、
•10%分の報酬
•月に300個販売
と仮定して

1,500円(商品単価)×300個(月販売数)×30%×12ヶ月=162万円となりました。

大食いらすかるの月収はいくら?

らすかる新井(大食いらすかる)の年齢/身長/結婚/タトゥー/名前の由来など!情報満載のプロフィールを大公開! | y-walker
この大きな2つの収入を予想すると、

  • YouTubeの広告収入  約166万円
  • プロデュースブランド 約162万円

よって月収は約328万円であることが予想されました‼︎
年収にすると3936万円ですね‼︎

まとめ

これからは、YouTube広告に続くプロデュースブランドに力を入れていきそうな予感がします。
食のプロであるからこそ、売れ行きに期待できそうですね。
最後までありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる