MENU

見るまえに跳べの年収や月収はどれくらい?総収入を徹底調査!

見るまえに跳べさんは、日常をテーマにした投稿が多く、1歳の子供と祖父がメインにやっているYoutuberです。
2019年12月から投稿を始めて約2年6か月でフォロワーは59万人います。
そんな見るまえに跳べさんの年収気になりませんか?
今回は見るまえに跳べさんの根集を調べたいと思います。

目次

見るまえに跳べの年収は約1648万円?


見るまえに跳べさんの年収は約1648万円と考えられます。
見るまえに跳べさんの収入源は大きく分けて3つあります。

  • Youtube
  • Youtube企業案件
  • Ticktok

見るまえに跳べさんは主な活動がYoutubeで投稿頻度に関しても多い方です。
それ以外のツールに関しては限定公開となっているのでファンの方は登録しているのではないかと思います。
これによって見るまえに跳べさんの年収は約1648万円だと予想できます。
次にYouTubeでの収入について詳しく説明していきます!

見るまえに跳べの年収に占めるYouTube収入はいくら?


見るまえに跳べさんの収入の中でもこのYouTubeがかなり大きいと言えますがYouTubeでの収入について見ていきましょう!

年収①広告収入


YouTuberとして最も大事なことは「どれくらい再生されるか?」ということ。
チャンネル登録者数だけ増えても再生されなければ収入が増えることはありません。
YouTubeの広告収入の計算方法については以下の通り。

YouTube広告の収益は、1再生数につき0.05円〜0.1円の単価と言われている。

0.05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。400万回の再生で20万円となる。

引用元:Yahooニュース

広告によって単価が大きく変わることから1再生につき0.2円〜0.5円になることもあります。
上記のことから見るまえに跳べさんの再生回数と収入を割り出してみました

「見るまえに跳べ」
動画投稿頻度は平均で月約18回ほど、再生回数は1本当たり約50〜100万回。
1再生0.1円だとして計算すると、平均視聴回数を約75万回として月収約135万円前後。
単純計算で、(月収)約135万×12ヶ月=(年収)約1620万円という計算になりました。

以上の情報から見るまえに跳べさんの年収は約1620万円となりましたが、Youtubeには夢がるように見えますね。フォロワーが安定しておりなおかつ視聴回数があるとそれなりに金額が行くみたいですね。

バズった動画は?

ここからは再生回数が多かった動画、ベスト3を発表したいと思います。

貴重!イヤイヤ期に突入した瞬間の映像🤣

ごっくんして!1歳7ヶ月ゆぅくん食卓での会話

渋い!1歳児が発した驚きのひと言😆

年収②企業案件収入


YouTubeのもう一つの収入の軸として企業案件からの収入があります。
企業案件とは、直接企業から商品やサービスを紹介してほしい。依頼され、インフルエンサーとして紹介すること。
この企業案件の相場以下の通り。

YouTubeの企業案件は、登録者の人数によって計算します。相場単価は、1~1.5円です。
引用元:https://collatech.co.jp/ifm-lab/youtube/youtube_advertisement/3028

宣伝商材や視聴者層によって報酬は大きく異なる為、正確な金額は分かりませんが、今回は上記の情報を元に金額を割り出してみました!

約59万人(フォロワー数)×1(企業案件単価)=1案件につき約約59万円
(相場の最低ラインで計算しています)あくまでも現時点(2022年5月)での登録者数で計算した結果になります。

見るまえに跳べさんは日常の投稿がメインで企業案件となる投稿が見受けられませんでした。それでも約1620万円の年収は凄いですね!

見るまえに跳べの年収に占めるTikTok収入はいくら?


見るまえに跳べさんは2022年5月現在約28万人以上のフォロワー数です!

TikTokの収益化は実装されたばかり

まず、TikTokなのですが、日本では2021年3月に収益化の仕組みが始まったばかりです。
他のSNS、YouTubeやInstagramのように広告収入や投げ銭で収入を得られるようですが、まだまだその仕組みは明らかになっていません。
今までのTikTokは、事務所に所属するきっかけになったり、YouTubeなどへの誘導のツールとして使われていることが多かったようですね。

年収①広告収入

TikTokの広告は

・起動時の画面広告
・タグチャレンジ広告(#チャレンジ)
・インフィード広告(おすすめ投稿に表示)

が、あることが確認されています。
これらに起用、掲載されることで大きな収入へつながるようです。

見るまえに跳べのTikTok

「見るまえに跳べ」
フォロワー数約28万人です!(2022年5月現在)
動画に関しては、残念ながら限定公開なので詳しい情報が分かりません。
内容を見たい方がいらっしゃいましたら是非申請してみてください。

TikTokでも大きな影響力を持つ代表的な存在の見るまえに跳べさんですので、TikTokの収益化が始まったことで、収入も大幅にアップしたのではないでしょうか。

年収②企業案件収入

TikTokのもう一つの収入の軸として企業案件からの収入があります。
企業案件とは、直接企業から商品やサービスを紹介してほしいと依頼され、インフルエンサーとして紹介すること。
タグチャレンジ広告も存在しており、人気TikTokerを起用することも多いようです。

・フォロワー数×1円=報酬

ということになりますよね!
もしこれが見るまえに跳べさんにも当てはまるとすれば、一件につき約28万円の報酬を得ることになりますね。

年収③投げ銭

2021年3月に日本でも実装開始したTikTokの投げ銭機能
TikTok LIVE Gifting(ギフティング)」でも収益が入る仕組みが開始されました。
こちらの機能、日本のユーザーからだけでなくはもちろんですが、海外のユーザーからもギフト(投げ銭)を受け取ることができるんだとか!こちらも大きな収入源となりそうです。
見るまえに跳べさんはTikTokの情報は限定公開しているため、内容が見れません。
ですが、年収としては上記の情報から約28万円では無いかと推測できます。

見るまえに跳べの年収に占めるインスタグラム収入は?

見るまえに跳べさんはInstagramの投稿もしておりフォロワーは約2.4万人います。
友達申請しないと投稿した記事は見れないので気になる方がいたら是非申請してみましょう。
年収としての情報は分かりませんが、宣伝としてのツールで使用しているみたいですね。
 

見るまえに跳べの月収はいくら?

  • YouTube広告収入:約1620万円
  • Ticktok:約28万円

上記の情報からトータル年収は約1648万円となりました。主な収入はYoutubeの広告収入になるのでこれだけでも大きな利益になりますよね。
ここまで収入が作れているので、他のSNSに関しては宣伝として使用しているみたいですね。

まとめ

見るまえに跳べさんは孫とのやり取りで再生回数やフォロワーを増やしていますが、動画の見やすさや構成なども上手で見る方も楽しくほっこりします。
今後の見るまえに跳べさんの活動に期待したいと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる