MENU

Magician Shinの年収や月収はどれくらい?総収入を徹底調査!

Tiktokでバズるものといえば、いろいろありますが、「マジック」はその1つだと思います。
皆さんは、Magician Shinをご存知でしょうか?
Tiktokのフォロワー800万人を超え、大注目のマジシャンです。
有名なマジシャンは億を稼ぐことも珍しくないと聞きますが、果たして、Magician Shinの年収と月収はどれくらいなのでしょうか?

目次

Magician Shinの年収は3億円?


Magician Shinさんの年収は3億円と考えられます。
Magician Shinさんの収入源は大きく分けて3つあります。

  • マジックショー
  • Tiktok
  • 書籍

Magician Shinさんは本名を内田伸哉(うちだしんや)といい、マジシャンを副業で行っています。
本業の会社も明らかとなっていて、なんとヤフーに勤めているんですね。
ヤフーは副業可な会社のため、マジシャンとサリーマンの兼業をしています。
書籍の出版や海外からの出演依頼もあるため、かなり忙しくされていることが考えられますよね。
また、マジシャンが億を稼ぐことは珍しくありません。
これによってMagician Shinの年収は3億円だと予想できます。
次にTikTokでの収入について詳しく説明していきます!

Magician Shinの年収に占めるTikTok収入はいくら?


Magician Shinさんは2021年8月現在800万人以上のフォロワー数です!

TikTokの収益化は実装されたばかり

まず、TikTokなのですが、日本では2021年3月に収益化の仕組みが始まったばかりです。
他のSNS、YouTubeやInstagramのように広告収入や投げ銭で収入を得られるようですが、まだまだその仕組みは明らかになっていません。
今までのTikTokは、事務所に所属するきっかけになったり、YouTubeなどへの誘導のツールとして使われていることが多かったようですね。

年収①広告収入

TikTokの広告は

・起動時の画面広告
・タグチャレンジ広告(#チャレンジ)
・インフィード広告(おすすめ投稿に表示)

が、あることが確認されています。
これらに起用、掲載されることで大きな収入へつながるようです。

Magician ShinのTikTok

Magician Shin

「Magician Shin」
フォロワー数890万人です!(2022年5月現在)
動画投稿頻度は平均で月120回ほど、再生回数はどれも10万回以上再生されています。

TikTokでも大きな影響力を持つ代表的な存在のMagician Shinさんですので、TikTokの収益化が始まったことで、収入も大幅にアップしたのではないでしょうか。

年収②企業案件収入

TikTokのもう一つの収入の軸として企業案件からの収入があります。
企業案件とは、直接企業から商品やサービスを紹介してほしいと依頼され、インフルエンサーとして紹介すること。
タグチャレンジ広告も存在しており、人気TikTokerを起用することも多いようです。

・フォロワー数×1円=報酬

ということになりますよね!
もしこれがMagician Shinさんにも当てはまるとすれば、一件につき890万円の報酬を得ることになりますね。
案件動画はありませんでしたが、月に1回の案件を受けたしても、かなりの収入になることが分かります。

年収③投げ銭

2021年3月に日本でも実装開始したTikTokの投げ銭機能
TikTok LIVE Gifting(ギフティング)」でも収益が入る仕組みが開始されました。
こちらの機能、日本のユーザーからだけでなくはもちろんですが、海外のユーザーからもギフト(投げ銭)を受け取ることができるんだとか!こちらも大きな収入源となりそうです。
Magician Shinは、Tiktokをパフォーマンスの場として活用しているので、ライブ配信は行っていません。
仮に、ライブ配信を行っていたして、フォロワー800万人以上が1人1円ずつ投げ銭を行っても、800万円以上の収入になるわけなので、TikTokはかなり収入源に貢献していることが予想されます。

Magician Shinの年収に占めるYouTube収入はいくら?


Magician Shinの収入の中でもこのYouTubeがかなり大きいと言えますがYouTubeでの収入について見ていきましょう!

年収①広告収入

YouTuberとして最も大事なことは「どれくらい再生されるか?」ということ。
チャンネル登録者数だけ増えても再生されなければ収入が増えることはありません。
YouTubeの広告収入の計算方法については以下の通り。

YouTube広告の収益は、1再生数につき0.05円〜0.1円の単価と言われている。

0.05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。400万回の再生で20万円となる。

引用元:Yahooニュース

広告によって単価が大きく変わることから1再生につき0.2円〜0.5円になることもあります。
上記のことからMagician Shinさんの再生回数と収入を割り出してみました

「Magician Shin」
動画投稿頻度は平均で月240回ほど、再生回数は1本当たり1〜7万回。
1再生0.1円だとして計算すると、月収約7000円前後。
単純計算で、(月収)7000×12ヶ月=(年収)約8万円という計算になりました。

ショート動画がほとんどでした。
ショート動画の収益化は存在しますが、発生はわずかなので、Youtubeについては、収入源には当てはまらないでしょう。

バズった動画は?

Magician Shinのチャンネルでは、iPadを使ったマジックが再生回数が多いです。

iPad magic

iPad magic sub:E

iPad magic sub:J

年収②企業案件収入

YouTubeのもう一つの収入の軸として企業案件からの収入があります。
企業案件とは、直接企業から商品やサービスを紹介してほしい。依頼され、インフルエンサーとして紹介すること。
この企業案件の相場以下の通り。

YouTubeの企業案件は、登録者の人数によって計算します。相場単価は、1~1.5円です。
引用元:https://collatech.co.jp/ifm-lab/youtube/youtube_advertisement/3028

宣伝商材や視聴者層によって報酬は大きく異なる為、正確な金額は分かりませんが、今回は上記の情報を元に金額を割り出してみました!

62万人(フォロワー数)×1(企業案件単価)=1案件につき約62万円
(相場の最低ラインで計算しています)あくまでも現時点(2022年5月)での登録者数で計算した結果になります。

パフォーマンスメインなので、案件動画はありません。
またショート動画のように、気軽に見ることのできるものを多用しているので、Youtubeは集客メインなのかもしれませんね。

Magician Shinの月収はいくら?

・TikTokの収入
・マジックショー
・その他(書籍など)

主な収入源は上のものになりますが、具体的な数字は、プライスレスだと思いますので、噂されている3億円を月収に直してみましょう。
月収に直すと、約2500万円の収入になります。
Magician Shin曰く、「お金を貰えて、はじめて真のパフォーマー」と心に決めているそうです。
これは、Magician Shinに価値が付き始めたということにもなりますよね。

まとめ

今回は、Magician Shinの年収と月収について見ていきました。
留まることを知らないMagician Shinさんへの注目の高さ。
今後、ますますどんな活躍をしてくれるのかとても楽しみですね。
ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる