MENU

井上貴博の年収と月収!ギャラはどれくらい?総収入を徹底調査!

みなさん、こんにちは!
井上貴博さんといえば、「Nスタ」や「井上貴博 土曜日の『あ』」のメインキャスターでお馴染み、TBSのアナウンサーですよね。
人気アナウンサーの1人ですが、一体どれくらいの収入があるのか気になりますよね。
そこで今回は、井上貴博さんの気になる収入についてまとめてみました!

目次

井上貴博の年収は1,000万円?ギャラはどれくらい?


井上貴博さんの年収は1,000万円と考えられます。
井上貴博さんの収入源は大きく分けて2つあります。

  • アナウンサーの収入
  • 書籍の印税収入

井上貴博さんはアナウンサーの収入がメインです。
これによって井上貴博さんの年収は1,000万円だと予想できます。

井上貴博の年収に占めるアナウンサーの収入は?


井上貴博さんが、2021年出演した番組は以下です。

  • Nスタ
  • ゴゴスマ
  • 東大王

フリーアナウンサーの年収について以下のような情報がありました。

キー局のアナウンサーは30代で1,000万円、最大で2,000万円稼ぐ人もいるようです。
新卒の場合は初任給23〜28万円ほどが平均で、年収は300〜350万円程度になります。
新卒の場合、例えばフジテレビジョンだと初任給が28万500円となっています。
引用元: Career-Picks

上記の内容を見て分かるように、アナウンサーの平均年収は1,000~2,000万円と言われています。

フリーではなくキー局に所属しているアナウンサーの場合、テレビの出演回数が多くても収入は変会社員という立場である以上、企業のルールに則った給与体系になるため、他のアナウンサーよりもずば抜けて人気があるアナウンサーでも特別に高給になるわけではありません。
引用元:キャリアガーデン

井上貴博さんの所属する、TBSの平均年収は51歳で1586万円です。
井上貴博さんはたくさんのテレビ番組に出演していますが、上記の記事を参考にすると、アナウンサーの収入は年収1,200万円、月収約100万円と予想できます。

井上貴博の年収に占める写真集や書籍の印税収入は?


井上貴博さんは書籍を発売しています。
購入はこちらから!
「井上アナが実践した52のこと」が書かれています。
価格は1,540円。

本の印税は、本の単価×部数×印税率といった計算方法となり、印税は10%分を受け取れると言われています。

これを元に計算すると

1,540(単価)×3,000(1ヶ月あたりの売上部数)×10%(印税)=約45万円(月収)

上記の計算から月収約45万円と予想できます。

井上貴博の月収はいくら?


井上貴博さんの月収は

  • アナウンサーの収入:約100万円
  • 書籍の印税収入:約45万円

合わせて約145万円と予想できます。
これに加えて、ボーナスがあります。

テレビ局に勤めている場合、年に2回はボーナスが出るのが一般的なので、毎月の手取りの金額がそれほど高くなくてもボーナスによって年収が高くなるケースが多いようです。
引用元:キャリアガーデン 

ボーナスの金額まではわかりませんが、最低でも1ヶ月分の収入の100万円、3ヶ月分となれば300万円と予想できます。

井上貴博の自宅は?


井上貴博さんは、残念ながら自宅を公開していません。
井上貴博さんは独身なので、1人暮らしと考えられます。
TBSに通うことを考えると、TBS本社のある港区周辺に住んでいる可能性が高いですね!

まとめ

井上貴博さんについてまとめると

  • 月収約145万円
  • 年収1,700万円超え
  • 年2回ボーナスが支給される(100~300万円と予想)

上記のことがわかりました。
さすが人気アナウンサー、年収1,000万円超えはすごいですね。
これからの活躍にも期待です!
以上「井上貴博の年収と月収!ギャラはどれくらい?総収入を徹底調査!」でした。
 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる