MENU

江川卓の年収や月収はどれくらい?総収入を徹底調査!

元プロ野球選手として、現在は、野球解説者としてメディア露出がある江川卓さん。
野球ファンであれば、知っている情報だと思いますが、Youtubeチャンネルもチェックしていますか?
登録者数は10万人を超え、江川卓さんによる、野球のあれこれをYoutubeで繰り広げています。
今回は、Youtubeにも参入した江川卓さんの年収、月収について、見ていきましょう。

目次

江川卓の年収は数億円?


江川卓さんの年収は数億円と考えられます。
江川卓さんの収入源は大きく分けて2つあります。

  • 野球解説者
  • タレント

江川卓さんは、現役時代巨人の投手として、栄えある活躍をされていたことはご存知の方も多いです。
1988年に引退をし、プレイヤーとしての一線を退いた後は、解説者として野球と関わっています。
その他にも、タレントとして各方面でも活動しているということでした。
どうやら、現役時代の年棒は約6000万円で、引退後はそれ以上の収入があるといわれています。
昔は、民放と解説者が年単位で契約していたようで、稼ぎも現役時代よりも多くなる結果になることが多かったんですね。
これに、CMや講演会といったマルチでも活動したことで、収入も上昇傾向にあったようです。
これによって江川卓さんの年収は数億円だと予想できます。
次にYouTubeでの収入について詳しく説明していきます!
 

江川卓の年収に占めるYouTube収入はいくら?


江川卓さんの収入の中でもこのYouTubeがかなり大きいと言えますがYouTubeでの収入について見ていきましょう!

年収①広告収入


YouTuberとして最も大事なことは「どれくらい再生されるか?」ということ。
チャンネル登録者数だけ増えても再生されなければ収入が増えることはありません。
YouTubeの広告収入の計算方法については以下の通り。

YouTube広告の収益は、1再生数につき0.05円〜0.1円の単価と言われている。

0.05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。400万回の再生で20万円となる。

引用元:Yahooニュース

広告によって単価が大きく変わることから1再生につき0.2円〜0.5円になることもあります。
上記のことから江川卓さんの再生回数と収入を割り出してみました

「江川卓のたかされ」
動画投稿頻度は平均で月25回ほど、再生回数は1本当たり3〜20万回。
1再生0.1円だとして計算すると、月収約50万円前後。
単純計算で、(月収)50×12ヶ月=(年収)約600万円という計算になりました。

このチャンネルは2022年1月より、開設し、チャンネル名は漫画家の本宮ひろ志さんと相談し決めたそうです。
意味は、「たかが野球、されど野球」ということでした。

バズった動画は?

江川卓さんのチャンネルではどんな動画が注目されているのでしょうか?

【最強】松坂大輔が選ぶ歴代ベストナイン!意外な選手の名前が続出!?

【江川卓×掛布雅之】巨人・阪神ライバル対談!掛布から見た江川卓!理想の4番とは?


掛布雅之さんとの対談動画です。

【神回】空白の一日までを掛布が江川卓に直撃!ドラフト1位指名3回に至るまでに何が起こったのか初公開!

年収②企業案件収入


YouTubeのもう一つの収入の軸として企業案件からの収入があります。
企業案件とは、直接企業から商品やサービスを紹介してほしい。依頼され、インフルエンサーとして紹介すること。
この企業案件の相場以下の通り。

YouTubeの企業案件は、登録者の人数によって計算します。相場単価は、1~1.5円です。
引用元:https://collatech.co.jp/ifm-lab/youtube/youtube_advertisement/3028

宣伝商材や視聴者層によって報酬は大きく異なる為、正確な金額は分かりませんが、今回は上記の情報を元に金額を割り出してみました!

15.4(フォロワー数)×1(企業案件単価)=1案件につき約15.4万円
(相場の最低ラインで計算しています)あくまでも現時点(2022年5)での登録者数で計算した結果になります。

江川卓さんのチャンネルはトークメインのため、案件動画はありませんでした。
 

江川卓の月収はいくら?


(上記全ての収入源を合わせた月収を箇条書きにて入力)

  • YouTube広告収入:約50万円
  • 野球解説者の収入(最低):1本約5万円
  • タレントの収入(最低):1本約20万円

月収については、分かりやすいものでYoutubeからのもので約50万円です。
野球解説の仕事や、TV番組への出演についてのギャラは明らかとなっていないので、調査した内容で載せました。
全盛期はかなり稼いでいたことは間違いないようです。
野球解説の仕事が月に1回、TV番組などの出演が1か月で4回と考えると以下のようになります。
5万+20×4=105万
Youtubeと合わせると155万円となりました。
これを1年の12でかけると1860万円となります
時代の流れと言えるでしょう。
引退直後と現在では、仕組みが全く違うわけなので、収入の差が出る結果となりました。
 

まとめ

今回は、元プロ野球選手、現在は野球解説者の江川卓さんの年収と月収について、見ていきました。
Youtubeチャンネルを開設したことでTVなどの地上波では見ることのできない貴重な情報が今後明らかとなる可能性もありますよね。
今後の動向に注目があつまります!
ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる